社会保険労務士って何をする人?


 「弁護士さんや税理士さんならばイメージできるけれども、社会保険労務士って何ができる資格なんだろう…」

 現在のところ残念ながら、弁護士さんや税理士さん等に比べて地味な国家資格であることは否定できません

 しかし昨今、年金問題等が社会的にクローズアップされることで、社会保険労務士の存在も注目を集めており、ここ数年間国家試験受験申込者数は6万人台で推移していましたが、平成22年にはついに7万人を超えています。

(ご参考までに「社会保険労務士試験オフィシャルサイト」をご参照ください)

そんな社会保険労務士とは、

労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートとしての国家資格です

 社会保険労務士がお手伝いができることは大きく三つに分けることができます

 人事労務管理

 労働社会保険手続の代行

 年金相談