(在籍社員用)複眼評価分析


 職務に関する上司・同僚・部下といった複数の目を通して人物評定を行うことにより、合理的・客観的に被観察者の人物像を描きだします

 この観察結果に自己評価を交えることで、能力の特徴や持ち味を自己点検する資料となります。さらに各自の能力に応じた育成・開発の方向性を見つけることができます


※  調査時間の目安は20分間となってはおりますが、本分析には全問

  (123問)全てに解答して頂くことが必須です

 制限時間内に終わらない人がいた場合、時間を延長して最後まで回答して頂くことになります


 調査方法

  一人の被観察者に対して、必ず5人以上の観察者を選出してください

 ※ 観察者が5名に未満の場合には診断が出来ません

  観察者は上司、部下、同僚を織り交ぜた構成にして頂き、観察をして頂きます

  (各観察者がそれぞれ3人以上いる構成が望ましいと言えます。
   例:上司3人以上、部下3人以上、同僚3人以上)

 ※ 上司、部下、同僚のいずれかが欠けても診断結果は出せますが、一部空欄となります


(在籍社員用)複眼評価分析サンプル